記号について 2.

記号が記号である,ためには,記号が記号である,という気づきが必要である.
この気づきが記号性である,とする.
単に木の陰に隠れた尻尾から,敵の全体像を連想する,のは記号ではない.
記号A→対象a,という一方向的な矢印で表せるという意味では非対称であるが,
実際にその矢印に沿ってしか進めないのではなく,「記号A→対象a」という全体として気づいているという意味では対称である.

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s