HOME (Japanese)

山田 竜郎  (YAMADA Tatsuro)

IMG_0503

早稲田大学大学院

基幹理工学研究科 表現工学専攻

博士後期課程 在学中(2016 – )

Email: yamadat[at]idr.ias.sci.waseda.ac.jp


所属


尾形哲也研究室 (早稲田大学大学院 基幹理工学研究科 表現工学専攻)
早稲田大学 博士課程教育リーディングプログラム 実体情報学博士プログラム
日本学術振興会特別研究員 DC2
日本ロボット学会 学生会員

研究内容


ロボットにおける言語と行動の統合学習およびそれを通した認知機構の理解
キーワード:認知発達ロボティクス,ニューラルネットワーク,記号接地問題

研究業績


学術雑誌論文 | 査読有り

  1. Tatsuro Yamada, Shingo Murata, Hiroaki Arie, and Tetsuya Ogata,
    Dynamical Integration of Language and Behavior in a Recurrent Neural Network for Human–Robot Interaction ,” Frontiers in Neurorobotics (IF: 1.723, 2016 JCR), Vol. 10, Article 5, pp. 1–17, 2016. 
国際会議論文|査読有り *下線は発表者

  1. Tatsuro Yamada, Tetsuro Kitahara, Hiroaki Arie, and Tetsuya Ogata,
    “Four-part Harmonization: Comparison of a Bayesian Network and a Recurrent Neural Network,” The 13th International Symposium on Computer Music Multidisciplinary Research (CMMR2017), Porto, Portugal, September 2017.
  2. Tatsuro Yamada, Saki Ito, Hiroaki Arie, and Tetsuya Ogata,
    “Learning of Labeling Room Space for Mobile Robots Based on Visual Motor Experience,” The 26th International Conference on Artificial Neural Networks 2017 (ICANN2017) , Alghero, Italy, September 2017.
  3. Tatsuro Yamada, Shingo Murata, Hiroaki Arie, and Tetsuya Ogata,
    “Dynamical Linking of Positive and Negative Sentences to Goal-oriented Robot Behavior by Hierarchical RNN,” In Artificial Neural Networks and Machine Learning — ICANN 2016, Lecture Notes in Computer Science (LNCS), Alessandro E.P. Villa et al. (Eds.), Vol. 9886, pp. 339–346, 2016 (Proceedings of the 25th International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN 2016), Accepted for Oral Presentation, Barcelona, Spain, September 2016). 電気通信普及財団 海外渡航旅費援助, Best Paper Award
  4. Tatsuro YamadaShingo Murata, Hiroaki Arie, and Tetsuya Ogata,
    Attractor Representations of Language–behavior Structure in a Recurrent Neural Network for Human–robot Interaction,” In In Proceedings of the 2015 IEEE/RSJ International Conference on Intelligent Robots and Systems (IROS 2015), Accepted (Acceptance Rate: 46%), pp. 4179–4184, Hamburg, Germany, September 2015. 原総合知的通信システム基金 国際会議論文発表者助成
  5. Shingo Murata, Saki Tomioka, Ryoichi Nakajo, Tatsuro Yamada, Hiroaki Arie, Tetsuya Ogata, and Shigeki Sugano,
    Predictive Learning with Uncertainty Estimation for Modeling Infants’ Cognitive Development with Caregivers: A Neurorobotics Experiment,” In Proceedings of the Fifth Joint IEEE International Conference on Development and Learning and on Epigenetic Robotics (ICDL-EpiRob 2015), Accepted for Oral Presentation , pp. 302–307, Providence, USA, August 2015.
国際会議デモンストレーション | 査読有り *下線は発表者

  1. Tatsuro Yamada, Shingo Murata, Hiroaki Arie, and Tetsuya Ogata,
    “Logically Complex Symbol Grounding for Interactive Robots by Seq2seq Learning with an LSTM-RNN,” In The Thirtieth Annual Conference on Neural Information Processing Systems (NIPS2016, Acceptance Rate for demonstration: 36.4%), Barcelona, Spain, December 2016.
国内会議論文|査読無し *下線は発表者

  1. 伊藤彩貴山田竜郎,有江浩明,尾形哲也,
    “深層学習を用いた移動ロボットによる室内空間の状況依存的ラベリング,”
    第35回日本ロボット学会 学術講演会,埼玉,2017年9月発表予定.
  2. 山田竜郎,村田真悟,有江浩明,尾形哲也,
    “Seq2seq学習による論理語を含む言語指示の理解とロボット行動の生成,”
    第31回人工知能学会全国大会,愛知,2017年5月.
  3. 山田竜郎北原鉄朗,有江浩明,尾形哲也,
    “LSTMを用いた四声体和声の生成,”
    第31回人工知能学会全国大会,愛知,2017年5月.
  4. 山田竜郎,村田真悟,有江浩明,尾形哲也,
    “階層型RNNを用いたロボットの旗揚げタスクにおける肯定及び否定指示の理解,”
    第30回人工知能学会全国大会,福岡,2016年6月.
  5. 山田竜郎,村田真悟,有江浩明,尾形哲也,
    “ターンテイキングタスクを行うロボットのための神経回路力学系上における言語と行動の動的統合,”
    第33回日本ロボット学会 学術講演会,1B3-05,東京,2015年9月.
  6. 冨岡咲希,村田真悟,中條亨一,山田竜郎,有江浩明,尾形哲也,菅野重樹,
    “養育者-幼児間インタラクションの認知ロボティクスモデル —予測学習とその不確実性に基づく注意対象の遷移,”
    日本赤ちゃん学会 第15回学術集会,香川,2015年6月.
  7. 山田竜郎,村田真悟,有江浩明,尾形哲也,“人間ロボットインタラクションを目的とした神経回路による言語と行動のアトラクタ表現,”
    情報処理学会 第77回全国大会,5T-01,京都,2015年3月.学生奨励賞

学歴


2016年4月 – 現在

早稲田大学大学院 基幹理工学研究科 表現工学専攻 博士後期課程在学中

2016年3月

早稲田大学大学院 基幹理工学研究科 表現工学専攻 修士課程修了
指導教員:尾形哲也 教授
修士論文:『人間ロボットインタラクションを目的とした再帰結合型神経回路モデルによる言語と行動の動的統合』

2014年3月

早稲田大学 基幹理工学部 表現工学科 卒業
指導教員:山田泰完 教授
卒業論文:『生物学的基盤を考慮した志向性の分析的考察』

2010年3月

早稲田大学本庄高等学院 卒業

受賞


2016年9月

Best Pepar Award, The 25th International Conference on Artificial Neural Networks (ICANN 2016)

2016年9月

海外渡航旅費援助, 電気通信普及財団

2015年9月

第48回国際会議論文発表者助成, 原総合知的通信システム基金

2015年3月

学生奨励賞, 情報処理学会 第77回全国大会 

奨学金


2011年7月

創立125周年記念奨学金(早稲田大学)

Copyright © 2014-2016 Tatsuro Yamada. All Rights Reserved.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s